4月2、3日に県内14市町村を巡る東京五輪の聖火リレー走者に、2008年北京五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストで岡谷市出身の塚原直貴さん(34)=埼玉県=と、16年リオデジャネイロ五輪のシンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)のチーム種目で銅メダルを獲得した長野市の箱山愛香さん(28)が起用されることが26日、関係者への取材で分かった。

 塚原さんは2日に北佐久郡軽井沢町を走る予定。日本選手権100メートルで06〜08年に3連覇し、北京では男子400メートルリレーの第1走者として銀メダルを獲得し、100メートルでも準決勝に進出した。1...    
<記事全文を読む>