アルペンスキー女子の高校生ホープが、世界を見据えシーズンに挑んでいる。中学時代に全国制覇している角館高2年の水谷美穂(17)は今季序盤、国内トップクラスの選手が競う大会で優勝、上位入賞するなど、大器の片りんをうかがわせた。目標は「五輪とワールドカップ(W杯)で優勝」ときっぱり。日本アルペン陣は世界で苦戦が続くだけに、水谷の飛躍に期待がかかる。

 パワーのある長身選手が有利なアルペンで155センチの水谷が存在感を発揮しているのは、スキー操作の技術が優れているからだ。重心を高く保ったままスキーをコントロールし、スピードを落とさず鋭いターンを繰り返すことができる。先月下...    
<記事全文を読む>