ラグビーのトップリーグ第4節「宗像サニックスブルース-クボタスピアーズ」が2月2日午後1時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで開催される。今季県内で唯一のトップリーグ公式戦。昨年のワールドカップ(W杯)で日本の8強入りに貢献した代表の主力選手や、佐賀工高OBも所属しており、日本中を沸かせたラグビーの魅力を生で堪能できる。

 昨季13位のサニックスは現在九州唯一のトップリーグチームで、W杯で日本代表のロックとして活躍したジェームス・ムーア(オーストラリア出身)を擁する。昨季7位のクボタには、W杯日本代表フランカーのピーター・ラブスカフニ(南アフリカ出身)のほか、南アフリカの1...    
<記事全文を読む>