東京五輪・パラリンピックの札幌開催に向け、道や札幌市、国などは21日、同市内でテロ対策の図上訓練を行った。道庁や同市役所に警察や消防など約20機関の220人が集まり、避難誘導や負傷者救助の手順を確認した。

 訓練は、札幌ドームで五輪関連イベント開催中に爆発が起き、約800人が死傷したとの想定で行った。ドームはサッカー1次予選の会場になっている。

...    
<記事全文を読む>