毎日妹の食事を作り、おしめを替えた。小学生の頃の記憶だ。

 両親の帰宅はいつも遅かった。疲れて眠ると「洗い物をしていない」と、父親に殴られた。母親に浴槽に沈められたこともある。

 「地獄でした」。東京都内に住む山田剛さん(21)=仮名=が振り返る。

 右目のあざで虐待が発覚し、児童養護施設に引き取られた。今はイタリア料理店の宅配アルバイトで生計を立てる。時給千百円ほど。貯金はない。

 寒風の中、バイクで走る配達エリアの一角に、国立競技場(新宿区)がある。スポーツの祭典は半年後だが、山田さんは観戦チケットもボランティアも、いつ募集があったの...    
<記事全文を読む>