兵庫卓球界の期待の15歳が順調に力を付けている。神戸市兵庫区出身の中学3年、赤江夏星(かほ)。元日本代表監督が大阪府内で運営するアカデミーで腕を磨き、昨秋には世代別国際大会で2冠に輝いた。同学年で2024年パリ五輪候補の木原美悠(15)=明石市出身=の背中を追う。

 5歳で卓球を始めた赤江は、神戸市立明親小6年で全日本選手権に出場するなど世代トップクラスの選手として活躍。「これからも卓球で行くと考えた時、途中からでも(強豪に)付いていきたかった」と、中学2年の進学に合わせ、監督としてロンドン五輪女子団体銀メダルに導いた村上恭和氏が率いる「ジュニアアシスト卓球アカデミー」に入...    
<記事全文を読む>