世界ボクシング機構(WBO)女子ミニマム級王者の23歳佐伯霞(真正)が一般男性と結婚し、第1子を妊娠したため王座を返上したことが21日、分かった。5月に出産予定で、その後現役復帰を目指す。空位になった王座を懸け、今月28日に多田悦子(真正、兵庫県西宮市出身)と宮尾綾香(ワタナベ)が東京・後楽園ホールで対戦する。

 この日、神戸市中央区の湊川神社で行われた真正ジムの必勝祈願で、山下正人会長が明らかにした。

 大阪市此花区出身の佐伯はアマチュア時代、スピードを武器に世界ジュニア選手権や全日本女子選手権を制して注目され、2018年にプロ転向。19年4月、WBO女子ミニ...    
<記事全文を読む>