26日に兵庫県たつの市御津町で開催される「第48回たつの市梅と潮の香マラソン大会」で、ハーフマラソンの距離が本来の21・0975キロを確保できず、120メートル短くなることが分かった。当日の通行止めを巡って地元と調整がつかず、折り返し地点の位置を変更した。大会事務局の市教育委員会は「こちらの準備不足。参加者に大変申し訳ない」とし、エントリーのキャンセルも受け付けている。

 同大会は、御津運動場(同町黒崎)を発着点に10キロなど32部門で実施。昨年11月に募集は締め切られ、全部門に3815人、ハーフマラソンには1704人がエントリーしている。

 市教委によると、国...    
<記事全文を読む>