遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷したバドミントン男子シングルスの世界ランキング1位の桃田賢斗選手(25)=NTT東日本、福島・富岡高出=について、日本代表の朴柱奉ヘッドコーチ(HC)らが20日、東京都内で記者会見し、今後の見通しや当時の状況などを説明した。
 朴HCは、本人の精神的な回復などを前提としながらも、2月3日から都内で開催される代表合宿に参加する可能性を示唆。復帰のめどを3月11日開幕の全英オープン(バーミンガム)としていることには「本人も出たいだろう。(大会まで)7週間あり、順調に回復すれば問題ない」との見解を示した。
 会見には、男子シン...    
<記事全文を読む>