◆卓球全日本選手権女子シングルス(19日・丸善インテックアリーナ大阪)

 早田ひな(19)=日本生命=が悲願の初優勝を果たした。

 準決勝で3年連続3冠が懸かっていた伊藤美誠(19)=スターツ=に4-3、初めて進んだ決勝では過去4度優勝の石川佳純(29)=全農=に4-1といずれも東京五輪代表の2人に勝利。伊藤と組んだ女子ダブルスとの2冠を達成した。早田は3月の世界選手権団体戦(韓国・釜山)の代表に決まった。

 サウスポーの早田はもともと右利きだ。4歳で地元福岡県の名門クラブに加入。同時期に入った選手とダブルスを組もうと早田が右手、もう1人が左手でラケ...    
<記事全文を読む>