第75回国民体育大会冬季大会県予選会を兼ねた県総合スキー大会は19日、大蔵村の湯の台スキー場でアルペンの男女大回転が行われ、成年で男子Aの佐藤慎太郎(置環)、女子Aの越後英美華(法大・日大山形高出)がそれぞれ連覇を果たした。

 少年で男子は高田隼之介(日大山形高)が初優勝し、女子は1年生の中山美咲(同)が頂点に立った。成年男子Bは沖野省吾(山形パナソニック)のみのエントリーで、同Cは小池祐樹(天元台スキー場ク)が制した。

 雪不足の影響で会場を最上町の赤倉温泉スキー場から移して行われ、通常の1レース勝負から2回の合計タイムで競った。
<記事全文を読む>