五輪に4度出場して4個のメダルを獲得した元競泳選手の松田丈志さん(35)=宮崎県延岡市出身=が19日、福岡市博多区のホテルでトークイベントに登壇し、五輪に臨んだ際の心境を振り返った。

 初出場のアテネ五輪(2004年)ではメダルに届かず、帰りの航空便はエコノミークラスのチケットを渡された。成田空港到着後、報道陣に取り囲まれるメダリストたちを悔しい思いで見つめた。08年の北京五輪では200メートルバタフライで日本記録を出し、銅メダルを獲得。「アテネの悔しさがあったから努力できた」と明かした。12年のロンドン、16年のリオデジャネイロでもリレーを含め銀、銅メダルを取った。 <記事全文を読む>