東郷町出資の第三セクター「東郷町施設サービス(TIS)」に所属する河本圭亮さん(20)=名古屋市緑区=が昨年十二月下旬、パラリンピック代表選考会を兼ねたボッチャ日本選手権(豊田市)で三連覇を果たし、代表に内定した。小さいころからの夢の舞台は、すぐそこまで近づいてきている。

 ボッチャは、二人が六球ずつ投げ、ジャックボール(目標球)にどれだけ近づけるかを競う。目標や相手の球をはじいていかに自分に優位な位置取りをするかや、床のワックスの癖などを見極めて使う球の固さや投げ方を選ぶなど、戦略が重要。河本さんは「シンプルだけど駆け引きや戦略の奥深さがある」と話す。

 河本...    
<記事全文を読む>