カーリングの道選手権最終日は19日、妹背牛カーリングホールで男女の準決勝と決勝、3位決定戦を行った。男子は決勝で名寄市役所が北大を6―5で下し、女子は札幌協会が北見工大に6―4で競り勝って、ともに初優勝した。

 日本選手権(2月8~16日・長野県)には男女の優勝チームに加え、昨年の日本選手権を制した男子のコンサドーレ、同じく準優勝だった女子のロコ・ソラーレと、ワールドカーリングツアーの獲得ポイントによって道銀が出場する。

...    
<記事全文を読む>