卓球の全日本選手権第6日は18日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、前回と同じ顔合わせとなった女子ダブルス決勝は、伊藤美誠(スターツ、磐田市出身)早田ひな(日本生命)組が芝田沙季(ミキハウス)大藤沙月(ミキハウスJSC)組を3-1で退けて3連覇を果たした。

 ■女子ダブルス3連覇
 高速卓球で相手を寄せ付けなかった。女子ダブルスを3連覇した伊藤は左拳を握り締め、ペアの早田とハイタッチを交わした。「昨年より良かったと思える試合ができ、本当に楽しめた」。普段は淡々と振り返る女王の顔に笑顔が見えた。
 昨年と同じ芝田(ミキハウス)、大藤(ミ...    
<記事全文を読む>