スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは2月1日のレベルズ(オーストラリア)戦(福岡・レベルファイブスタジアム)で参入5季目のスタートを切る。今季限りで除外され、トップリーグ(TL)とシーズンが重なるため有力選手の加入も限られる中、東福岡高出身のフランカー布巻峻介(27)が参戦を決断。昨秋のワールドカップ(W杯)日本大会出場を最終選考で逃した男は、3年後のW杯を見据えている。

 宗像サニックスとNECのTL開幕戦があった12日のレベルファイブスタジアム。試合前に行われたトークショーで、布巻は「福岡の皆さんの力をもらいたい。足を運んでもらえるとありがたい」とサンウ...    
<記事全文を読む>