パラリンピックで選手が着用するユニホームにも大きな意味がある。

 音がするボールで視覚障害者がプレーする五人制サッカー。昨年の世界大会では、色こそ青だが、ワールドカップなど国際大会に出場するナショナルチームの「A代表」と異なるデザインのユニホームだった。イングランド、アルゼンチン、スペインなどはなじみのA代表と同じユニホームを着用していた。

 元日本代表の北沢豪さんも疑問だったという。

 「選手に聞くと同じユニホームが着たいといいます。それができていない日本では、障害者サッカーがサッカーとは別物と疎外されている印象でした。サッカー先進国ではA代表同様...    
<記事全文を読む>