兵庫県ラグビー協会は17日、日本選手権でともに7連覇した神戸製鋼と新日鉄釜石(当時)のOBによる「レジェンドマッチ」を26日午前11時20分から、神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸で開催すると発表した。

 阪神・淡路大震災から25年の節目に、被災地同士の連帯を呼び掛けようと、同協会が企画。両OBの対戦は、2012年に東京・秩父宮ラグビー場で行われた東日本大震災後の復興支援試合、ワールドカップ(W杯)に合わせて18年に建設された岩手・釜石鵜住居復興スタジアムの完成記念試合に続き3度目となる。

 トップリーグの神戸製鋼-サントリーの前座試合として10分ハーフで対戦...    
<記事全文を読む>