スウェーデン発祥の室内ホッケー競技「フロアボール」の日本学生選手権大会(日本フロアボール連盟主催、昨年12月21、22日、東京都稲城市など)男子の部で、山形大が3連覇を達成した。連覇の懸かった重圧に打ち勝ち記録を更新。4連覇に向けてさらなる闘志をみなぎらせている。

 フロアボールは長さ1メートルほどのスティックを手に、プラスチック製のボールを相手ゴールに入れて得点を競う。1チームは6人。山形大は2004年に発足した「サリバンディ(フィンランド語でフロアボールの意味)部」として活動している。今大会には国士舘大や駿河台大、仙台大などから計8チームが出場。山形大は予選リ...    
<記事全文を読む>