第75回冬季国体スケート、アイスホッケー(29日~2月2日・青森県)に出場する岡山県選手団の結団壮行式が16日、岡山市の県立図書館で約60人が出席して開かれ、選手、監督らが士気を高めた。

 選手団は総勢51人。アイスホッケー成年男子の椙原淳文(水島信用金庫)に代表して選手証が交付された後、旗手を務めるフィギュアスケート少年男子の三宅星南(理大付高)に団旗が手渡された。監督や選手が「入賞を目指す」「地元に感動を届ける戦いをする」などと決意表明した。

 団長の越宗孝昌・県スポーツ協会会長(山陽新聞社会長)が「県民の期待に応えるため、最後まで力いっ...    
<記事全文を読む>