世界最高峰のプロラグビーリーグ「スーパーラグビー」開幕を前に、「サンウルブズ」が25日、北九州市のミクニワールドスタジアム北九州でプレシーズンマッチを戦う。対戦するのは、トップリーグ(TL)下部のトップチャレンジリーグの選手を中心に選抜したチームで、同リーグの「コカ・コーラレッドスパークス」(福岡市)の向井昭吾監督が指揮を執る。

 昨年のワールドカップ開催の影響でTLとスーパーラグビーのシーズンが重なり、現時点で日本代表のサンウルブズ入りは未定。ただ、元日本代表の布巻峻介に加え、大学日本一となった早大から斎藤直人主将が参戦。明大から箸本龍雅らが練習生として参加する。

...    
<記事全文を読む>