卓球の全日本選手権第4日は16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、混合ダブルスは決勝で森薗政崇(BOBSON)伊藤美誠(スターツ、磐田市出身)組が、3年連続3度目の優勝を飾った。

 史上初の3年連続3冠へ、まず1冠。森薗とのペアで混合ダブルスを制した伊藤は「残りの女子ダブルスとシングルスにつながる」と自信に満ちた表情を浮かべた。

 決勝は東京五輪男子代表の張本ペアに対し、伊藤は後ろに引かず前陣で積極的に仕掛けた。一進一退の攻防が続いた第3ゲーム。張本と長崎の強打に食らい付き、激しいラリーをものにして2-1とリードした。第4ゲームは2-6と不利な状況か...    
<記事全文を読む>