卓球の全日本選手権は16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で混合ダブルス決勝を行い、東京五輪の女子代表に決まった伊藤美誠(19)=スターツ、磐田市出身=が森薗政崇(24)=BOBSON=とのペアで3連覇した。
 2018年大会から混合ダブルス、女子のダブルスとシングルスの3種目で優勝している伊藤は、男女史上初の3年連続3冠へ第一歩を踏み出した。東京五輪の混合ダブルスでは同じ磐田市出身の水谷隼(30)=木下グループ=とペアを組む。

...    
<記事全文を読む>