卓球の全日本選手権第4日は16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子の伊藤、石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命、沼津市出身)の東京五輪代表勢が初戦を突破した。
 女子団体要員として東京五輪代表に決まった平野が、シングルス初戦となった4回戦に登場。4-1で勝利したが、第3ゲームはミスを連発して奪われた。「思った以上に細かいプレーでミスが出た。やっぱり全日本は特別」と独特な雰囲気を改めて実感した。
 2016年から18年の3大会で優勝1回、準優勝2回と安定した成績を残していたが、昨年は5回戦で早々と敗退。五輪代表として初めて全日本に臨む19歳は「一球一球...    
<記事全文を読む>