中学スキー・アルペンの東北・全国大会本県選手選考会は15日、米沢市の天元台スキー場で男女の大回転を行い、男子は遠藤悠(米沢二)、女子は遠藤なな(同)のきょうだいが、それぞれ2本ともトップタイムをマークして1位になった。

全国見据え、地元で存在感
 地元のゲレンデで米沢二のきょうだいが躍動した。男子の遠藤悠と女子で1歳下の妹なな。2本ともトップタイムをそろえる安定感のある滑りで、ともに1位に輝いた。全国での活躍を見据え、「確実にゴールすることだけを考えて滑った」と2人。淡々と振り返る姿が王者の風格を漂わせた。

 よく滑るゲレンデだから...    
<記事全文を読む>