第54回県高校・中学校総合体育大会のスキー競技会最終日は15日、群馬県みなかみ町の水上高原スキーリゾートで男女の距離クラシカルを行い、中学男子(6キロ)は兄の高橋賢太(片品)、同女子(3キロ)は妹で1年生の高橋優菜(片品)が頂点に立った。高橋賢と高校男子(10.5キロ)の鏑木光(尾瀬)は2連覇し、14日のフリーとの2冠を達成した。同女子(6キロ)は1年生の本多来依(らい)(利根商)が制した。男女回転は片品村のスノーパーク尾瀬戸倉で行った。

...    
<記事全文を読む>