二〇二〇年東京五輪・パラリンピック組織委員会は十五日、五輪とパラの競技観戦チケットのデザインを発表した。いずれも縦長で日本の伝統色として競技会場の装飾などに使う「紅(くれない)」「藍」「藤」「松葉」の四色で色分けし、各競技を表す絵文字「ピクトグラム」を配した。開閉会式のチケットのデザインは後日公表する方針という。

 五輪のチケットは上半分が基本カラーで、競技名や会場、日時などを表示。白色の下半分に会場の入り口番号や座席の位置などを記した。パラのチケットは配色が上下逆となる。

 組織委は競技観戦チケットの一般展示を、東京都中央区の複合ビル「日本橋三井タワー」一階ロ...    
<記事全文を読む>