スイス・ローザンヌで開かれているユースオリンピック冬季競技大会スノーボード・ハーフパイプ(HP)女子に出場する魚津市東部中学校三年、鍛治茉音(まのん)さん(15)=吉島=が十四日、市役所を訪れ、村椿晃市長に「調子は良い。金メダルを狙う」と抱負を語った。

 村椿市長は「活躍を期待している。思いっきり頑張ってください」と激励。鍛治さんは「支えてくれた周囲に感謝し、できることを精いっぱいやって、日本に帰ってきたい」と答えた。

 鍛治さんは四歳からスノーボードを始め、二〇一四年のソチ、一八年の平昌(ピョンチャン)五輪のHPで連続銀メダルを獲得した平野歩夢選手の活躍を見て...    
<記事全文を読む>