日本ハンドボール協会は14日までに第19回男子アジア選手権(16~27日、クウェート)に出場する日本代表を発表し、浦添市出身の東江雄斗(興南高―早稲田大出、大同特殊鋼)が選出された。選手権は13の国と地域の代表がアジアの頂点を争う。

...    
<記事全文を読む>