昨年10月の台風19号の影響で、被災したり利用中止となった県内のスポーツ関連施設や都市公園などのうち、少なくとも栃木、佐野、鹿沼、那須烏山の4市15カ所で復旧の見通しが立っていない。「今までにないひどい状況」「市民生活が優先だが、早く復旧させたい」。各市町の担当者は3カ月たった今も、対応に頭を悩ませている。

 まるで一面が干上がった田んぼのようだった。那珂川の河川敷にある那須烏山市の大桶運動公園多目的競技場。グラウンドには流入した大量の土砂が堆積したままだ。

 同市生涯学習課スポーツ推進室によると、台風19号で那珂川が増水し、同公園は水浸しに。管理棟も床上35セ...    
<記事全文を読む>