ブラジルオリンピック委員会が今夏の東京五輪へ向けて企画した文化交流プロジェクト「TRANSFORMA CONNECTION」で、リオデジャネイロの小学生が現地の暮らしを紹介するビデオメッセージが十四日、浜松市北区都田町の都田南小学校の三年生の授業で上映された。

 ビデオでは現地の小学生アナ・リー君(10)が民族衣装や音楽、踊りなどを約三分の映像で紹介した。市が五輪・パラリンピック教育推進校に指定する都田南小の児童は、これに応えるビデオ映像を今後作製し、二月下旬にリオの小学校へ送る。両国の小学生がビデオ交流するのは、豊海小学校(東京都中央区)に次いで二校目。

 三...    
<記事全文を読む>