スノーボード・スロープスタイルのワールドカップ(W杯)開幕戦は17日、スイスのラークスで決勝が行われる。女子ビッグエアで2季連続優勝を果たした岩渕麗楽(れいら)(バートン、一関学院高3年)が初勝利を狙う。

 今季は計5戦で争われる。第1戦のラークス大会は14日に予選が行われ、岩渕は1位で15日の準決勝に進んだ。

 岩渕は昨季、W杯3試合に出場。初戦は2位と好発進したが、残りの2試合はともに5位だった。種目別総合は鬼塚雅(星野リゾート)に次ぐ2位。世界選手権は悪天候で決勝が中止になり5位に終わった。

...    
<記事全文を読む>