昨年10月の台風19号の影響で、被災したり利用中止となったスポーツ関連施設や都市公園などが少なくとも県内13市町で39カ所あり、このうち栃木、佐野、鹿沼、那須烏山の4市15カ所で復旧の見通しが立っていないことが14日までに、下野新聞社が実施した県内25市町アンケートで分かった。那須烏山市の大桶運動公園は大量の土砂が流入し、2022年とちぎ国体のアーチェリー競技会場から外れた。復旧時期が未定の施設がある市町では代替施設の問い合わせが相次ぐなど、開催イベントや利用者への影響が続いている。

 アンケートによると、影響があった施設などがあるのは宇都宮、足利、栃木、佐野、鹿沼、小山、...    
<記事全文を読む>