第16回ユース女子ホッケーウインターリーグの1次リーグ最終日は13日、川崎重工スタジアムなどでリーグ戦16試合を行い、B組の岐阜各務野は巨摩(山梨)に3-0で勝利。4戦全勝の1位で、2次リーグは1~7位決定リーグの1部へ進むことが決まった。

 岐阜各務野は第3クオーター3分、右サイドからのパスをMF河尻萌香がゴールへと流し込み先制。第4クオーターはFW佐々木里紗が2得点し、突き放した。

 A組の東濃実は高松東(香川)に1-3、石動(富山)に0-9の通算4敗の5位で3部(16~22位決定リーグ)へ、C組の岐阜総合は和歌山商に2-0、三重選抜に8-0の通算3勝2敗の...    
<記事全文を読む>