春の全国中学生ハンドボール選手権大会の開催地代表決定戦兼氷見市中学生冬季大会が十三日、同市ふれあいスポーツセンターであり、開催地代表は男子、女子ともに西條に決まった。

 開催地代表の決定戦は男子、女子ともに県代表校を除く三中学校が十一、十三両日のリーグ戦で争った。男子は西條が南部と西部に勝利。女子は西條が北部、南部を破った。

 県代表は、昨年十一月の県代表決定戦で男子が北部、女子が十三に決定している。市中学生冬季大会では、県代表と開催地代表が対戦。男子は北部が西條を31-23、女子は十三が西條に29-17で勝利した。

 全国大会は三月二十五~二十九日...    
<記事全文を読む>