自国開催の五輪へ順調に歩みを進めていた日本のエースが、思わぬアクシデントに見舞われた。東京五輪の金メダルが有望視されていた桃田選手。日本代表チームとして支えるコーチやトレーナーも今回の事故で負傷しており、今後の影響が心配される。

 昨年は攻守がかみ合って勝利を重ね、八月の世界選手権をはじめ国際大会で実に十一勝を積み重ねた。十二月のワールドツアーファイナルの時点で早々と五輪出場を確実にし、「フットワークのスピードが上がった分、余裕が出てコートを広く使えている」と手応えを得た直後の事故だった。

 東京五輪へ躍進を続ける日本バドミントンの象徴的な存在として、他を寄せ付...    
<記事全文を読む>