九州唯一のトップリーグ(TL)チームで昨季13位の宗像サニックスは12日、福岡市のレベルファイブスタジアムで同10位のNECとの開幕戦に臨み、24-18で競り勝った。先発した19歳のSH藤井達哉がTLデビュー戦で活躍。2シーズンぶりの白星発進に貢献した。

 過去2シーズン連続で競り負けた相手に持ち前のランニングラグビーでお返しした。インターセプトからの独走や素早いテンポでの防御網突破で計3トライ。スペースを突き、味方に絶妙のタイミングでつなぐなど、後半途中に退くまでリズムを生み出したのが藤井の球さばきだった。

 昨季まで指揮した藤井雄一郎氏(現日本ラグビー協会強...    
<記事全文を読む>