【埼玉=広沢達也、小山大輔】ラグビーのトップリーグ(TL)は12日、6会場で開幕節8試合が行われ、埼玉・熊谷ラグビー場では群馬県拠点のパナソニックワイルドナイツが34―11でクボタを下し、3季連続で開幕白星を飾った。最優秀選手のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に前半2トライを挙げたWTB福岡堅樹が選ばれた。次節は18日午後1時から、愛知・豊田スタジアムで昨季4位のトヨタ自動車と対戦する。

パナソニック(5) 34(27-3、7-8)11 クボタ(0)

 【評】前半に主導権を握ったパナソニックが、クボタを圧倒した。前半3分、帝京大卒新人のWTB...    
<記事全文を読む>