トップリーグは12日、東京・秩父宮ラグビー場などで開幕し、2連覇を狙う神戸製鋼は7トライを奪ってキヤノンに50-16で圧勝し、白星発進した。昨季2位のサントリーは東芝に19-26で敗れた。

 パナソニックはWTB福岡が2トライを挙げ、クボタに34-11で快勝。昨季3位のヤマハ発動機は同4位のトヨタ自動車に31-29で競り勝った。NTTコミュニケーションズは日野に29-20で逆転勝ち。ホンダはリコーに28-5、サニックスはNECに24-18で勝った。昇格チーム同士の対戦はNTTドコモが三菱重工相模原を31-24で破った。

 昨年のワールドカップ(W杯)日本大会後、...    
<記事全文を読む>