第28回全国小学生バドミントン選手権大会(昨年12月21~25日、徳島県)の個人戦で、佐賀県の選手が3部門で3位に輝いた。レベルの高い全国の舞台で、県内の小学生たちが存在感を示した。

 3位になったのは、シングルスが男子6年生以下の吉次和義君(12)=多久スポーツピア=と、女子5年生以下の永渕友梨華さん(11)=川上ジュニア。ダブルスが男子5年生以下の山﨑琉生(りゅうせい)君(11)・德重瓢(ひさご)君(11)ペア=多久スポーツピア。

 吉次君は右膝を痛めて10月の九州大会は5位で通過したが、全国大会では復調。厳しい場面でも精神的に崩れず、持ち前の攻撃力に加えて...    
<記事全文を読む>