ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会後初となるトップリーグ(TL)が12日、各地で開幕し、2連覇を狙う神戸製鋼は神戸市須磨区のユニバー記念競技場で日本代表SH田中史朗とSO田村優を擁するキヤノンと対戦し、50-16で大勝した。

 神戸製鋼は前半、昨季TL最優秀選手のSOダン・カーターのトライやPGなどで22-10で折り返すと、後半も日本代表バックスのアタアタ・モエアキオラやニュージーランド代表ロックのブロディ・レタリックがトライを挙げるなど、着実にリードを広げた。

 W杯で高まったラグビー人気を受け、同競技場は開門前からファンの長蛇の列ができ、2万3千人を超...    
<記事全文を読む>