小矢部市出身の男子ホッケー日本代表候補の山下学選手(30)と村田和麻選手(28)のホッケー講習会「小矢部からの挑戦!」が十一日、同市文化スポーツセンターで開かれた。

 小学生、中高生、一般の三部に分け、計百五十人以上が参加。小矢部市のクラブチーム「小矢部REDOX」の沼田秀樹監督が司会し、両選手が中高生の時の練習や金メダルに輝いた二〇一八年のアジア競技大会、東京五輪の日本代表入りへ向けた意気込みを語った。

 中高生の部ではキャプテンでDFの山下選手がオープンレシーブなどボールの受け方と扱い方をアドバイス。一八年のアジア競技大会で活躍したFWのストライカー村田選手...    
<記事全文を読む>