県スキー連盟は11日、北安曇郡白馬村、小谷村で14〜19日に開く第42回県スキー大会週間の距離競技について、会場となる白馬クロスカントリー競技場の雪不足のため中止にすると発表した。8日には、白馬村の名木山シャンツェで予定した県中学大会のジャンプと複合の中止を決めていた。

 同連盟によると、昨年12月末からコースを整備してきたが、今月8日の雨でコース上の雪解けが進んだ。コースに運んでいた周辺の雪も減ってしまい、整備できないという。

 中学、高校、国体など6大会の県大会を一括開催するスキー大会週間は、中学や高校の全国大会出場を懸けた県予選を兼ねて...    
<記事全文を読む>