東京パラリンピックを今夏に控え、注目を集める障害者スポーツの新たな拠点が横浜市内に誕生した。10日にオープンした障害者スポーツ文化センターラポール上大岡(同市港南区)は、既存の横浜ラポール(同市港北区)と役割を補い合いながら、障害者がスポーツに親しむ機会を提供し、リハビリなどにも役立てる。

 京急上大岡駅前。企業が集積する「ゆめおおおかオフィスタワー」の6~8階に、定員20~60人ほどのフィットネススタジオやトレーニング室などが並ぶ。2012年に一部利用が停止された研修施設「ウィリング横浜」を市が総工費約3億円をかけ、障害者向けに整備。各フロアはバリアフリーで、ト...    
<記事全文を読む>