神戸製鋼は10日、今季の公式スーツに、ワールド(神戸市)が展開する「アンビルト タケオキクチ」を採用すると発表した。阪神・淡路大震災から25年の節目のシーズンに、かつての好敵手とタッグを組む。

 神鋼と2009年に休部したワールドは社会人リーグ時代からしのぎを削り、1994年にはワールドが神鋼の国内公式戦連勝を71で止めるなど好勝負を繰り広げた。

 スーツは王者の風格を大柄のチェック柄で表現し、赤色のネクタイにワールドのチームカラーだった青系の糸を織り込む。故平尾誠二さんと同大の同期でワールドOBの東田哲也氏は「平尾がいて特に負けたくないチームだったが、今は一緒...    
<記事全文を読む>