スキージャンプW杯の女子個人第4、5戦が11、12の両日、札幌大倉山競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)で行われる。日本勢は個人総合6位の高梨沙羅(クラレ)、同7位の伊藤有希(土屋ホーム)ら12人が出場予定。平昌五輪女王で今季3戦2勝のマーレン・ルンビ(ノルウェー)、3戦全てで表彰台に立つキアラ・ヘルツル(オーストリア)らもエントリーしている。

 10日に予定していた第4戦の公式練習と予選はジャンプ台整備機器の故障のため11日に延期された。公式練習は午後1時半、予選は同3時、本戦は同4時半からそれぞれ行われる。

...    
<記事全文を読む>