プロボクシングのWBC(世界ボクシング評議会)元フライ級王者で、現在バンタム級7位の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツジム)が2月の復帰戦を前に1月10日、東京都の所属ジムで会見し「(前回試合後)モチベーションもやる気もなくボクシングを辞めようと思っていたが、後援会やファンのサポートを受けてまた頑張ろうと思った」と約1年10カ月ぶりの再起に込めた思いを語った。比嘉は「世界チャンピオンを目指すのはもちろんだが、この試合に集中したい。試合に勝ってファンを安心させたい」と話した。

復帰戦は2月13日、東京都の後楽園ホールで。ノンタイトル戦8回戦を行い、フィリピン・バンタム...    
<記事全文を読む>