県内で合宿を張る重量挙げ男子ナショナルチームの歓迎式典が9日、昨年末に完成した国頭村浜のくいなエコ・スポレク公園内ウエイトトレーニングハウスで行われた。今夏の東京五輪出場とメダル獲得を目指す糸数陽一(豊見城高―日大出、警視庁)や宮本昌典(沖縄工高―東京国際大出、同大職)ら県勢を含む選手10人が新年の練習をスタートさせた。合宿は18日まで。

 男子ナショナルチームの国頭合宿は今年で4回目。この日がこけら落としとなった新施設は、国頭村が一括交付金を活用して整備した。鉄筋コンクリート造の平屋建て。延べ床面積は391平方メートル。プラットホームが10面あり、大型の鏡や競技用、練習用...    
<記事全文を読む>