ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会後初のトップリーグは12日に全国6会場、全8試合で開幕する。高知県では第11節「NECグリーンロケッツ―ホンダヒート」が4月5日、春野陸上競技場で行われる。W杯効果で県内でもラグビー人気が高まる中、県ラグビー協会関係者は「本格的な試合が見られるまたとない機会。ぜひ観戦を」と呼び掛けている。
 
 高知での開催は5年ぶり5度目。これまでにNECのほか、神戸製鋼、キヤノン、リコー、トヨタ自動車が熱戦を繰り広げている。

...    
<記事全文を読む>