東京五輪のアーティスティックスイミング(AS)日本代表が9日、東京都内で練習を報道陣に公開し、井村雅代ヘッドコーチ(HC)は空手や人気バーチャル歌手「初音ミク」の要素を盛り込んだ演目でメダルに挑むことを明らかにした。

 チーム・テクニカルルーティン(TR)は「空手2020」と題し、突きや蹴りの動作を採用。乾友紀子(井村ク、芦屋大職員)吉田萌(ザ・クラブピア88)が組むデュエットは忍者をテーマとするTRに、初音ミクの声が入った音楽を用いる。

 選手は空手の試合観戦のほか、道着を着た練習にも取り組んでいる。2000年シドニー五輪でも空手を題材とした井村HCは「世界で...    
<記事全文を読む>